大阪府の行列が出来るラーメン店

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


チケットぴあ




大阪府の行列有名ラーメン店

時屋 鶏つけ麺

至高の名店「時屋」が作り出す新世代つけ麺登場


2009年の開店以来、連日行列を作り続ける時屋。豚つけ麺と並ぶほのど絶大な人気を誇る鶏つけ麺を、宅麺で販売開始!あっさりとしたスープに旨みが凝縮され、コシ・香り・噛みごたえを大切にした自家製麺を絡ませれば、最高の逸品だ。

価格(税抜) 920円

送料について



「時屋」のこだわり

澄んだスープの中に凝縮された旨みが口の中に広がる
さらりとした中に、コクを持たすスープを作るために、店主が自ら厳選し仕入れた鶏ガラ、丸鶏を丁寧に下処理をし、一つの寸胴鍋にたっぷり入れ煮込んでいく。食材や水、炊き時間などにこだわった時屋オリジナルの上湯スープを目指し、より強くてブレない旨味成分を持ったスープを仕上げていった。培った技術や洗練された職人感覚、魂で作る豚つけ麺に対し、鶏つけ麺は化学的根拠を取り入れて、酸味・甘味・旨味・香りを計算した次世代のスープと言える。
徹底した品質管理にこだわった自家製麺
時屋の麺は、中太ストレートの自家製麺を使用している。厳選した国産の小麦と、コシを持たせるための外麦を混ぜ合わせ、粉の香りと程よい噛みごたえを表現。時間と手間を惜しみなく使い、配合・加水率・切り刃をそれぞれ変え、毎日丁寧に作っている。食品の安全性や信頼性が求められる中、全行程を常に細心の気配りと安全性を意識している。特に製麺の原料である卵に関しては、全卵粉を使用するなどの徹底ぶり。「まだまだ完成形ではありません。」と常に究極の麺作りを目指している。
鶏のコク、旨みがしっかりと感じられる一杯
豚つけ麺と鶏つけ麺の2本柱で営業をしている「時屋」。さらりとしたスープは、女性や子供にとても人気があり、豚つけ麺にも負けていない美味しさだ。全ての食材を科学調味料・添加物不使用で作っているため、食材の本来の味が引き出されている。さらに、一口飲めば鶏のコクや旨味がシッカリと感じられ最後まで大満足だ。今では定番となっている豚骨魚介とは違う、新世代つけ麺が堪能できるだろう。


時屋 豚つけ麺

至高の名店時屋が作る、濃厚の王者宅麺に登場


2009年の開店以来、5年連続で食べログベストラーメンを受賞する、至高の名店時屋の豚つけ麺が宅麺に登場。ドロリととろける濃厚スープに、徹底した品質管理で作られた自家製麺が絡みつく。一口食べたらやみつきになってしまう一杯だ。

価格(税抜) 920円

送料について



「時屋」のこだわり

やみつき注意!ドロリととろける濃厚スープ
究極のスープ作りを目指してきた時屋が作るスープは、全てが拘り抜かれている。スープの煮込み時間を半日に短縮し火力を調整する事で、スープの酸化を防ぎ、一気に食材の旨みを炊き溶かす。豚骨も部位によって産地を変え、吟味した物を使用することで類を見ない濃厚さを表現させる。さらに時屋のスープは化学調味料を一切使用しないため、食材から引き出した本来の旨味を存分に堪能できる。洗練された技術と、魂で作る濃厚スープはやみつき注意だ。
徹底した品質管理にこだわった自家製麺
時屋の麺は、中太ストレートの自家製麺を使用している。厳選した国産の小麦と、コシを持たせるための外麦を混ぜ合わせ、粉の香りと程よい噛みごたえを表現。時間と手間を惜しみなく使い、配合・加水率・切り刃をそれぞれ変え、毎日丁寧に作っている。食品の安全性や信頼性が求められる中、全行程を常に細心の気配りと安全性を意識している。特に製麺の原料である卵に関しては、全卵粉を使用するなどの徹底ぶり。「まだまだ完成形ではありません。」と常に究極の麺作りを目指している。
「本当の旨さ」を世界に伝えていきたい。店主の熱い思い
2009年に大阪・西中島でオープンした時屋。オープンして2ヶ月後には、連日行列が出来る全国区の有名店へと名乗りを上げた。「真剣に料理していればお客様には必ず伝わる。そして一人の料理人として”本当の旨さ”を世界に伝えていきたい」と久保店主。最高のつけ麺を作るために全てを拘り抜き、究極の一杯を求め続けている久保店主の熱い思いを、是非感じて欲しい。

スポンサードリンク


スポンサーリンク
スポンサードサーチ





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする