東京都の行列が出来るラーメン店

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


チケットぴあ




東京都の行列有名ラーメン店

麺屋一燈 濃厚魚介つけ麺

麺屋一燈 濃厚魚介つけ麺


2010年6月のオープン直後から大行列を作りだし、「食べログ東京ベストラーメン大賞」等、数多くの賞を受賞してきた麺屋一燈。「ラーメンで人を幸せにしたい」を合言葉に作られた、誰もが認める濃厚魚介つけ麺が宅麺に堂々の登場!

価格(税抜) 830円

送料について



「麺屋一燈」のこだわり

濃厚ながらも気品漂う極上スープ
濃厚でクリーミーな鶏白湯スープで作られている、麺屋一燈のつけ麺。スープを作る際は、豚骨など豚を一切使用せずに鶏のみを使用しているため、くどさ、臭みのない仕上がりとなっている。さらに生醤油を使用したタレにマヨネーズを適量加えることで、まろやかなコク、程よい酸味が加わり、旨みの詰まった口当たりとなっていく。トッピングの鶏団子も口当たり柔らかく作られているが、軟骨のこりこりとした食感があり、二度楽しめる。
こだわり抜いた食材で作られた一杯
「旨みを大切に、心を込めて作っています。」と店主の言うとおり、麺屋一燈では、使用する鶏をつくば茜鶏にするなど食材にも抜かりはない。つくば茜鶏は、他の鳥と比べて肉細胞の密度が非常に細かく、旨み成分がギュッとつまっている。鶏の旨みが前面に出たスープを一口飲めば、味の違いもすぐに感じられるだろう。全てのお客様に満足してもらうために、食材にこだわり抜いた一杯は誰もが納得だ。
次世代のラーメン業界を担う「麺屋一燈」
「ラーメンで多くの人を幸せにしたい」という思いから、使用する食材にとことんこだわり続ける職人肌の坂本店主。その坂本店主が師と仰ぐのは、「茨城大勝軒」グループで共に修行した、中華そばとみ田の富田店主だ。共に修行をしていく中で、ラーメンに対する熱い情熱と、一杯に妥協をしない強い精神力を学び、現在も軌範としている。次世代のラーメン業界を担う「麺屋一燈」が魂を込めて作り上げた最高の一杯を是非、堪能してほしい。


ラーメンもみじ屋 ラーメン(アブラトッピング付)

二郎ファン必食!アブラ増し可能インスパイア!


醤油の風味、豚肉の旨み、野菜の甘みをたっぷり含んだスープに、平打ちの自家製平打ち麺が豪快に絡む。加えられたジューシーな豚は、ボリューム満点で食べごたえ抜群。別袋の味付き背脂を加えると、より一層コク旨スープに仕上がる!

価格(税抜) 870円

送料について



「ラーメンもみじ屋」のこだわり

醤油際立つ甘めのコク旨スープ
醤油の風味が際立つ、甘くて濃い味のジャンクなスープは、凶暴な見た目とは裏腹に、インスパイア系にしては比較的飲みやすいスープ。豚骨や豚肉などからの豚の旨みをたっぷりと吸い込んだスープに、野菜や背脂などを足す事で、旨味と甘味を見事に融合。タレは、二郎やインスパイア系ではお馴染みの醤油をベースに、肉の旨みをさらにプラス。飲めば飲むほど、食べれば食べるほど、後からもう一度食べたくなるような中毒性のあるコク旨スープである。 ※味付き背脂が同封されているので、お好みでスープにかけてお召しあがり下さい。
平打ちのちぢれ麺と絶品チャーシュー
麺は、自家製の極太平打ちちぢれ麺で、たっぷり300グラム同封!! 固めに茹でるとボキボキとした食感、柔らかめに茹でるともっちりとしながらも弾力のある食感になる、唯一無二の麺。ちぢれがスープをしっかりと持ち上げてくれ、平打ちなので、ズルズルと一気に食べられる。 チャーシューは極厚で食べごたえのあるチャーシューと角切りチャーシュー。 国産の豚うで肉を使用している為、ジューシーなだけではなく、しっかりとした肉の食感と旨味を感じられる。
「富士丸」出身店主が作るインスパイア
ジロリアンから絶大な人気を誇る「富士丸(旧ラーメン○二郎)」で店長を努めていた店主が独立し、明大前に、「もみじ屋」をOPEN。明大前の裏路地にひっそりとある店舗は、一見ラーメン店とは分からないのだが、店の前には行列が出来ている。 絶品のスープと麺、厚切りの豚、たっぷりの野菜が学生のみならず地域の方々の心をガッチリと掴んでいるのである。


風雲児 つけめん

開店以来行列を作り続ける鶏ベーストロトロつけ麺


新宿でひときわ目を引く行列を作る超人気店「風雲児」。鶏をしっかりと炊き出して出来たつけダレはクリーミーな味わいがあり、つるつるもっちり食感のストレート麺との相性も絶妙である。メディア掲載も多数の人気店の味を自宅でどうぞ。

価格(税抜) 830円

送料について



「風雲児」のこだわり

8時間仕込んだ後味すっきりのスープ
風雲児で特筆すべきは、鶏をしっかりと炊き出して出来たクリーミーなつけダレである。魚介豚骨つけ麺が多い今、鶏と魚介の濃厚スープで勝負をかける。とろりとしたクリーミーなスープは、濃厚そうに見えながらも豚骨と比べて油っぽさが抑えめ。昆布や愛媛産うるめいわし、高知産かつお節など、魚介系スープも国産の素材を使うなどの拘りもある。店主が一杯ずつしっかりとスープの味をチェックすることからも、一杯に対する店主の強いこだわりが感じられる。
つるつるもっちり食感のストレート麺
濃厚なスープに合わせる中太ストレート麺は、濃いスープと喧嘩しないように小麦の香りは控えめにしている分、歯ごたえに特色がある。表面はつるつるで、もっちりとした噛み応え。独特の食感を是非楽しんで欲しい。
メディア掲載多数!常に数十人の行列!
2007年のオープン当初からずっと行列が絶えない「風雲児」。競合店が多いラーメン業界で、売り上げのみならず行列の記録までも年々伸ばしているのには驚きである。ラーメンの特集があれば風雲児を見ない雑誌は無いといっても過言ではない。店主は、芸能業界、ホテル業界、イタリアン料理など他の料理業界出身という異色の経歴の持ち主。様々な職種を経験してきた店主だからこそ織りなせる柔軟な発想のラーメンは、ずっと行列が絶えず、メディアで取り上げられ続けるのにも納得だ。つけ麺が初めての人も、普段から食べ慣れている人にも間違いなくおすすめできる一杯である。


ボニート・ボニート 正油あらびきらーめん

カツオにとことんこだわった正油あらびきらーめん


多くの人に長く愛されるらーめんを作りたい気持ちから作られた、無化調カツオらーめん。使用しているカツオは、品質の良いものを厳選し、高知県から直接取り寄せるほどの徹底ぶり。すっきりとした味わいに、深いカツオのコクが効いてくる。

価格(税抜) 1000円

送料について



「ボニート・ボニート」のこだわり

カツオの旨み魚介の風味たっぷりの無化調スープ
店主が自信を持ってお届けするスープは、カツオの旨みたっぷりで作られた絶品スープ。化学調味料を全く入れないスープを作りたいと言う店主の思いから、全ての食材を厳選し、品質の良い天然の素材のみで仕上げられている。また、付属のあらびき粉をお好みで使用して頂く事で、力強いカツオの旨味と風味がさらに増すことが出来る。店主自身が独自で考え、作り出したスープは他の誰も真似できない、世界でたった一つだけのカツオスープだ。
卵を一切使用しない特注中太麺はカツオスープとの相性抜群
ボニート・ボニートの麺は、浅草開花楼の特注中太ちぢれ麺を使用し、卵を一切使用していない。少し縮れた表面は艶々とし、のど越しが良くツルツルっと吸い込まれていくのが食べていくと感じる。噛めば噛むほどに程良い小麦の風味が驚くほどしっかりと感じられて、魚介の風味たっぷりのカツオスープに負けず、相性抜群だ。程良い弾力が口の中で生まれ、モチモチとした食感で美味しい。
流行にとらわれず、長く愛され続ける一杯
高知から直接仕入れた風味豊かなかつお節と煮干しをふんだんに使用したスープ、そのスープに合わせるために作られた特注の中太麺。さらに厚切りにカットされた2枚のチャーシューは、驚くほどジューシーでホロホロと崩れるほどの柔らかさ。素材一つ一つがしっかりと主張していて、食べるのが楽しくなる。ラーメンを食べた全てのお客様が、身も心も健康になるラーメンを心掛け、体に良くない物は絶対に使用しないラーメン作りを目指している。そして辿り着いた、流行にとらわれず長く愛され続ける一杯を、是非食べて欲しい。


麺屋 こころ 台湾まぜそば

都内での台湾まぜそばブームの火付け役!


台湾まぜそば発祥の「麺屋 はなび」で修行を積んだ店主が手がける『麺屋 こころ』が宅麺に登場!モチモチ極太麺に、自家製台湾ミンチ(鷹の爪、ニンニクを効かせたピリ辛ミンチ)を豪快に混ぜて、ガッツリ食べる新スタイルラーメンだ。

価格(税抜) 930円

送料について



「麺屋 こころ」のこだわり

元祖の味を忠実に表現する店主の一杯
麺屋こころの味の決め手は、ピリッと辛い台湾ミンチだ。ただ辛さが突出しているのではなく、ニラの上品な香りが鼻から抜ける感覚がたまらなく、豚ひき肉の旨味と刺激的なスパイスのバランスが秀逸だ。ピリッとした台湾ミンチに合わせるのは愛知の製麺所から特注している極太全粒粉麺。モチモチの食感と弾力、そして麺そのものに強い小麦の香りを感じる。縮れた麺だからこそ具材によく絡み付き、そしてしっかりと持ち上げてくれる自慢の麺だ。
麺屋こころ流の美味しい食べ方
台湾まぜそばには、一杯で四回楽しめる食べ方が存在する。まず最初にレンゲと箸をうまく使いながら黄身と自家製台湾ミンチという鉄板コラボをよく混ぜ合わせる。お好みで生ニンニクを入れると、さらにガツンとした味わいになり活力アップの効果も期待できる。さらに食べ進めていく中で、酢を少々入れると口当たりのよいさっぱり感と甘みがでて味の変化を楽しめる。最後まで麺を食べ切ったら、どんぶりに残ったタレへ「追い飯(レンゲ一杯分の白飯)」を投入!これぞ麺屋こころ流の食べ方。
感謝の心「こころ」に思いを込めて
石川店主は『麺屋 はなび』の味に惚れ込んで弟子入りしたというほどの「台湾まぜそば好き」である。元祖の味を東京に広めたいという一心で上京。まぜそば専用の醤油ダレや、味の決め手となる台湾ミンチを、麺屋はなび店主から学び、元祖台湾まぜそばを忠実に再現し東京に出店!石川店主の「お客様には、満足と満腹を提供し、笑顔になって帰ってもらいたい」という思いが麺屋こころの人気につながっている。


東池袋大勝軒 特製もりそば

50年受け継がれるつけ麺の元祖「特製もりそば」


「山岸一雄」氏が生み出したつけ麺の元祖「特製もりそば」。じんわりと体に染み渡る優しい醤油ベースのつけだれ、たっぷり食べられるつるつる美味しい自家製麺。ベストオブつけ麺と言っても過言では無い、伝統の味をご家庭でお召し上がりください。

価格(税抜) 840円

送料について



「東池袋大勝軒」のこだわり

半世紀以上愛され続ける伝統の味
つけ麺の神様とも言われる山岸氏が生み出した、つけ麺の元祖「特製もりそば」は、昭和30年の販売以来、半世紀以上に渡り人々に愛され続ける必食の一杯。半世紀以上「行列の絶えない店」として営業を続ける伝説がそれを物語っている。 信州生まれの山岸氏が、茹で上がった麺を丼に移すときにザルに残った麺を1本ずつ集め、それをスープにつけて、ざるそばのように食べていた。その姿見た常連が、「俺にも食わせろ」と言いだし始め、そのまま商品化。つけ麺の走りとなる「特製もりそば」の誕生である。今では当たり前になった“つけ麺”は、幼少期からそばに親しんだ信州人の山岸氏ならではのひらめきと、「食べ物を粗末にしてはいけない」という人々の知恵が合わさり出来たという背景があるのだ。 今では全国に弟子を100人以上輩出しているつけ麺発祥の伝統店、「東池袋大勝軒」本店の「特製もりそば」をご賞味下さい。
じんわり懐かしい甘みのある醤油味
毎朝6時から丁寧に仕込むスープは、普通では考えられない分量の素材を贅沢に使用。豚骨、魚介、鶏ガラ、香味野菜など、数十種類の素材からじっくりと抽出したスープは、甘味のある醤油ベースのスープで、奥深い味わいを持ちながらもどこかホッとする優しい味わい。 つけ麺の3要素と言われる、「酸味」「甘味」「辛味」が絶妙なバランスで配合された、絶品のスープである。 また、東池袋大勝軒のスープは驚く事に冷めても美味しいのである。「スープがぬるくなる」というつけ麺の弱点とも言える問題を、苦もなく解消しているのは、半世紀に渡り受け継がれてきた職人の技量があるからこそだと言える。
創業当時からのつるつるとした究極麺
東池袋大勝軒の特製もりそばは、並盛りで320gと麺の量が多いことでも有名である。つけ麺の並盛りの平均が約200gという事からもかなり多いことが伺える。しかし、不思議な事に大勝軒の麺は、さらりとこの量を食べられてしまうのである。 つるつるとした心地よいノド越し、小麦の風味をほのかに感じる優しい味わい、飽きのこない絶品のスープとの絡み。これらが相成り、箸を止めず最後までさらりと食べられる。かん水の比重が少なく、体に優しいのも嬉しい。 創業当時から守られる製法で、毎朝職人がその日の気温や湿度により、粉やかん水の分量を変えて製麺した、大勝軒でしか食べられない究極の自家製麺。出来たてをすぐに冷凍し、たっぷり320gお届けいたします。


極楽汁麺 百麺 豚骨醤油ラーメン(替玉付き)

2種類の麺を楽しめる!極上の王道・豚骨醤油ラーメン


豚骨のガツンとくるインパクトがありながらも、クドさを感じさせないコクのある濃厚な豚骨醤油スープは、大量の鶏と豚のガラを17時間以上煮込んで作る極上のスープ。また、太麺と細麺の2種類を同封しているため、一杯で2度楽しめます。

価格(税抜) 840円

送料について



「極楽汁麺 百麺」のこだわり

THE・横浜家系 THE・豚骨醤油
スープは王道の豚骨醤油。鶏や豚の様々な部位のガラを、毎日100キロ以上も使用し、17時間以上炊いて作り出す濃厚なスープは、少しとろみがあり、豚骨がガツンと来るインパクトのある味ながらも、クドさを感じさせないコクとキレのある仕上がり。鶏と豚のコク・深み・旨みを極限まで凝縮した極上のスープと言える。乳化したスープ、仕上げに垂らす鶏油、スープに浮かぶホウレンソウは横浜家系の特徴。ニンニク・ノリ・豆板醤など、お好みでアレンジしてあなただけの一杯を作ってください。
プリプリ太麺とツルツル細麺の2種類の麺を楽しめる!
麺は、製麺所に特注し、2種類の国産小麦をブレンドして作った百麺オリジナルの麺。「この麺でないと百麺のスープに合わず、美味しくない。」と店主に言わしめるまさに百麺だけのオリジナル麺。 今回は特別に、太麺と細麺の2種を同封。まずはプリプリっとした太麺でお召し上がり頂き、次に替え玉としてツルツルとした細麺をお楽しみ下さい。
58種の麺と33種のスープから選んだラーメンの結論
約100種類の麺とスープから、最高の組み合わせを選んだ一杯、それが「百麺」である。厳選した豚骨と鶏ガラから作った極上のスープ、特注のシコシコ太麺と極細麺。生粋の料理人である店主が見出したラーメンの到達点。目指すのは「毎日食べても食べ飽きない味」。まさに“極楽汁麺”との名にふさわしい極上の一杯である。


丸め 背脂煮干ラーメン

背脂×煮干×手もみ麺!新潟ご当地燕三条系ラーメン


「煮干しが効いた醤油ベースのスープ」「極太麺」「背脂」が特徴の「燕三条系ラーメン」。全国各地から取り寄せた海の幸が溶け込んだスープは、意外にもあっさり飲みやすく、最後まで飽きずに飲み干せる。人気ご当地ラーメンが遂に登場!

価格(税抜) 890円

送料について



「丸め」のこだわり

燕三条系を手もみ縮れ麺にアレンジ!
燕三条(つばめさんじょう)系ラーメンとは、新潟県の燕市、三条市で長年愛されている、全国的に有名なご当地ラーメンである。極太の麺、煮干しをたっぷり使用したダシ、仕上げに豚の背脂をチャッチャとかけるのが特徴だ。 東久留米の人気店「丸め」では、麺を手もみのちぢれ麺に変えるなど東京流にアレンジ。独特の煮干しの風味・上品な背脂の甘み・独特な食感の手もみ麺が織りなす究極の背脂煮干ラーメンをお楽しみ下さい。
ゴワゴワの食感!自家製極太手もみ麺
「丸め」のラーメンで一番の特徴とも言えるのが、ゴワゴワとした独特な食感を持つその極太の手もみ麺である。通常の太麺はスープとの絡みがあまり無いが、「丸め」の麺は手で良く揉む事で麺一本一本に太さの違うちぢれを作りだし、しっかりとスープを持ちあげる仕上がりにしている。麺自体にも小麦の香りや甘みを楽しめるのは、国産小麦を中心に三種類の小麦粉をブレンドしているためで、「食べている途中で飽きが来ないように」という店主の想いが込められている。毎朝手間暇かけて自家製した麺に、さらに手もみというひと手間をかける。まさに「拘りの麺」というにふさわしい逸品である。
厳選した海の幸が溶け込んだスープ
「丸め」のスープは、こだわりの素材を使って、すべて手作業で下ごしらえをしている。煮干しは、風味・煮干しらしさをより良く感じられるように、一番いい状態の商品を四国・九州から取り寄せて独自のブレンドしている。一緒に合わせ長時間煮込む昆布・焼きエビ・ホタテ・宗田節なども全国各地から厳選して取り寄せたものばかりだ。芳醇な味と香りが豊かに広がるタレは、関東濃口醤油と、スッキリとしたキレが立つ最高級の鰹節やサバ節等をブレンドしたものを使用している。 仕上げにチャッチャと背脂をかけ完成するスープは、見た目のインパクトとは裏腹に、驚くほど飲みやすく、最後まで飽きずに飲み干せるほど。煮干を主体とした海の幸の旨みが口の中で広がる一方で、豚骨・鶏ガラの風味やほのかな醤油の甘さがそれらを綺麗にまとめてくれる。 食通の舌を間違いなく満足させてくれる極上のスープだ。


らーめん バリ男 らーめん(特製唐花付き)

今や海外にも進出する二郎インスパイア界の新星!


国産の高級豚骨のみを大量にグツグツと煮込んだスープは、ガツンとくる濃厚な豚骨スープで、クリーミーな味わい。途中で特製唐花を混ぜれば、唐辛子の辛味、豚の旨み、背脂の甘味が相性抜群で、極上のハーモニーを堪能することが出来る。

価格(税抜) 890円

送料について



「らーめん バリ男」のこだわり

濃厚な豚骨スープとシャープな醤油の風味が見事に融合!
国産の高級豚骨のみを大量にグツグツと煮込んだスープは、ガツンとくる濃厚な豚骨スープで、クリーミーな味わいで、一般的な醤油が強い二郎インスパイアとは一線を画すスープ。そこにまろやかにしてシャープな醤油の風味と背脂の甘味が融合され、バリ男でしか味わえない濃厚にして後を引くスープに仕上がるのである。独特の豚骨の匂いと風味が一気に広がるので、豚骨好きにはたまらない一杯に仕上がっている。別添の特製唐花という辛みを好みで混ぜれば、唐辛子の辛味、豚の旨み、背脂の甘味が相性抜群で、極上のハーモニーを堪能することが出来る。
ワシワシと食らう凶暴なまでの極太麺
濃厚なスープと合わせるのは、豪快にして凶暴なまでに極太のストレート麺。つるつると口の中へ運ばれ、抜群の弾力とコシでワシワシとした歯ごたえがある。お約束の山盛り茹でもやし、キャベツ、ニンニクと共に、ガッツリと食べごたえ抜群の食感をご堪能ください。
二郎インスパイアを世界へ!
これまで国内で絶大な支持を得てきた「二郎インスパイア系」ラーメン。国内後発ブランドにして、海外進出の先駆けとなるまでに一気に有名店への階段を駆け上がった。香港、シンガポールなど空前のラーメンブームに沸くアジア諸国でも、まだ馴染みのない二郎インスパイアラーメンで殴り込み!まさに、日本代表インスパイアと言える。

スポンサードリンク


スポンサーリンク
スポンサードサーチ





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする